学園の母

学園の母

初代校長 柴田やす先生

初代校長 柴田やす先生 大正12年、柴田学園を創立以来、その経営する中学校、高等学校、専門学校、栄養学校の全校長に加え東北女子短期大学の初代学長として、文字どおり女子教育ひとすじに一生を捧げた。
 昭和25年5月、終生の念願であった東北女子短期大学開学式の栄えある壇上で急逝、教育家として最も美しく最も劇的に苦闘70年の生涯を閉じた。

大学を 建てししるしに 乙女どち
はげみ学びて つくせ世のため

 

 

三代校長  今村 敏先生

三代校長 今村 敏先生 学園創立者、柴田やす先生の次女。その精神を継承し、学園諸校の発展につとめるとともに、昭和44年には東北女子大学を開設した。
 教育功労者として昭和42年藍綬褒章、49年には勲三等瑞宝章に輝いた。前者は創立者と母子二代の受賞、後者は本県女性として到達した最高の栄誉であった。
昭和51年12月正五位に叙せられる。

この道のほかに道なし この道を
祈りつつ行く 行じつつ行く

 

建学の精神

教育即生活

 

校訓

校訓

 

校歌

1.
みそらに高き岩木山
ふもとに広き津軽野辺
高きを永久の操にて
広きを常の心とす

2.
春はかすみの衣裁ち
秋はもみじの錦縫う
截ち縫うわざを白糸の
ちりにけがれずひとすぢに

3.
むつびかはしておとめどち
ほたるの光雪のいろ
あつめず学ぶおほみよに
うまれあひしをかしこみて

4.
世はさまざまに変われども
変わらぬものは人の道
あらぬ小道にさまよはで
進み進まん日に月に

校章

校章 大正12年、柴田女子高等学校の母体、弘前和洋裁縫女学校創立に際し、柴田やす校長によって制定された。これは、梅の花をかたどったもので、いまもなお本校の校章として生徒諸君の胸に輝いている。
 先生は日ごろから梅の花を愛し、梅の花が厳しい風雪に耐えて美しく香り高く咲くことは女性のシンボルでもある、とつねに生徒たちに語ったという。
 柴田女子高等学校のものは、花の輪郭の内に、七宝で紅地に「高」を表している。そして、誰いうことなく、現在は「寒梅」と呼ぶようになった。

 

このページの上に戻る